« 武蔵浦和で早押し(その29) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その30) »

2020年12月23日 (水)

15回エコ甲地区大会(その2)

 今朝は、桝アナが濃厚接触者なのかどうかを確認するためだけに6時前に「ZIP!」を見ました。いまだに保健所はどうやって濃厚接触者判定をしているのかわかりません。以前、「あさイチ」で駒村多恵が急に消えたことがありましたが、あれは有村崑とラジオをやってて濃厚接触者判定されたんでしょうね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、濃厚接触者の方ですか、エコノミクス甲子園です。なぜか、マラソンの大迫傑のメッセージが流れます。高校のときにこういう経験は重要みたいなことを言っています。

 クイズのルールは4択50問です。解答時間は20秒ですが、YouTubeは30秒ぐらい遅れるので、配信で問題を聞いていたら解答が間に合わないそうです。出場者はアプリの画面を見て答えます。前半25問で5分休憩して後半25分です。今回のシステムは、前回までのインターネット大会で使うものを流用したようですが、ルールは普段の地区大会の筆記クイズと同じです。つまり正解は2点、不正解はマイナス1点で、解答しないで0点にすることも認められています。これに加えて、それぞれの県で、正解したうち解答が早かった上位10チームには1ポイント追加されます。

 正解者のうち、全国で最も解答が早かったチームだけ、司会者側の画面に表示されます。ここで注意事項がありますが、ネットで答えを調べるなとか、問題をネットに流すなとかいうのに加え、ネットで誹謗中傷するなというテラスハウス的な項目が加わっていました。この後、なんとなく。

|

« 武蔵浦和で早押し(その29) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵浦和で早押し(その29) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その30) »