« 武蔵浦和で早押し(その20) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その22) »

2020年12月13日 (日)

武蔵浦和で早押し(その21)

 日本人のおなまえっ!の話の続きですが、私は薬袋美穂子という人をよくテレビで見ていたので、薬袋が難読とは思いませんでした。そして番組史上最難読名字として「貴家」が出題されるのですが、タラちゃんの声優の名前が毎週ふりがな付きで表示されているのに、本当に芸能界にいて知らないのか?

 それではコミセンまつりです、1問目、「埼玉 『スーパー』 アリーナがあるのはさいたま市」。「スーパー」だけを極端に強調する極めて不自然な読み方です。昨年、東大寺学園の文化祭のときも書きましたけど、こういうのが学生クイズ研に蔓延してるのか。埼玉アイスアリーナがあるのは何市でスルーです。

 2問目、チェスに関するベタ問でリラックマが正解。3問目、埼玉の自治体名でねこねこが正解です。4問目、カップ麺の商品名でリラックマが正解。5問目、「 『かっぱ巻きは!』 キュウリの巻き物ですが」。M4が押してマグロを正解します。6問目、リラックマが「熊谷まつり」と答えて「もう一度」になりますが不正解。熊谷うちわ祭でした。

 7問目、歴代の総理大臣で、就任時の年齢が最も若いのは誰という問題で、M4が不正解でねこねこも押すが答えられません。答えが伊藤博文と発表されると、「そうなんだ」という声が上がります。「そうなんだって、クイズを作った人には一番気持ちいい」、何を言ってるんだ。このイベントで、こんな絶対答えられない問題を出すのがおかしいだろ。第1回高校生クイズのYES-NOクイズの1問目で出て9割以上が不正解になった問題です。参加者にふさわしい出題レベルがわかっていないのです。実は高校・大学のクイズ研が企画を担当することの問題点がこれから明らかになってくるのですが、それは順次書いていきます。

|

« 武蔵浦和で早押し(その20) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵浦和で早押し(その20) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その22) »