« 武蔵浦和で早押し(その4) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その6) »

2020年11月27日 (金)

武蔵浦和で早押し(その5)

 「クイズは想像力」に、名言をフリにするクイズとして載っているうちの最後が「巨人はロッテより弱い」がオチとして使われていて、今の読者は何のことかわからないかもしれませんが。日本シリーズで巨人が3連敗したときに加藤哲郎がクローズアップされましたね。しかし日本シリーズが一瞬で終わって、このネタを書くタイミングを逃しました。

 それではコミセンまつりです。3ポイント先取の早押しは、最初にボタンを押したチームはランプが点滅して、2番目に押したチームは点灯します。おそらく埼玉クイズ王と同じ機械でしょう。解答権が2番目に押したチームまであって、不正解だと1回休みです。そして、小学生以下の人が他人のヒントをもらわずに正解すると2ポイントになるのです。このルールは2日間のすべての企画に共通です。

 1チーム目はクオッカ。若い女性2人で飛び込みです。所沢から来たそうです。チーム名は、日本で埼玉でしか飼育されてない有袋類です。次は小林家。母と男の子2人です。小学校のチラシで大会を知ったそうです。次がレッズクラブ。若い男性2人と女性1人です。2人は浦和市出身で何十年もレッズのサポーターをしているそうです。司会が「たまたまランプが赤の席で」と言います。ランプは向かって左から黄白赤青で、白を使って緑を予備にしているのが何かモヤモヤする。そして最後がコミセンチーム。参加者が足りないので、さっきあいさつをした館長とボランティアの男性職員が急遽出ることになったそうです。ちなみに賞状にはこの館長の名前が入っているので、勝てば自分で受け取ることになります。この後、電池。

|

« 武蔵浦和で早押し(その4) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵浦和で早押し(その4) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その6) »