« 16回中部大会(その10) | トップページ | 16回中部大会(その12) »

2020年11月11日 (水)

16回中部大会(その11)

 大阪の産経新聞の記事より。

――――(ここから)――――

 吉本興業は10日、大阪城公園(大阪市中央区)にある「クールジャパンパーク大阪SSホール」を借り上げる形で、12月1日から若手芸人が中心の「森ノ宮よしもと漫才劇場」をスタートすると発表した。
 毎月20日間ほどホールを借り、「よしもと漫才劇場」(同区難波千日前)と「神保町よしもと漫才劇場」(東京都千代田区)に続く3カ所目の「漫才劇場」に位置付け、若手の舞台経験の底上げをはかる。

――――(ここまで)――――

 劇場が復活したら、ポストよしもとの解体でなくなったガチンコクイズ王決定戦をやれるんですかね。

 それでは16回中部です。

――――(ここから当時の引用)――――

そろそろこの会場を離れることにする。敗者に交じって帰りのバスに乗る。犬山駅から
明治村行きのバスに乗り換えである。明治村の入口で挑戦者を待ち受けるアルバイト
はいるが、当分やってきそうにない。中で展示物を見て過ごす。準決勝の会場と
思われるところがあったが、特別なセットは何もなく、カメラが据え付けられている
だけである。明治村はずいぶん広い。結局あまり見られないまま時間が過ぎて、勝者
がやってきた。天竜林業が2チーム残っている。ペーパークイズの問題も他の予選で
かなりチェックしているはずなので、事前に調べておいた問題が何問かあるだろう。
現在の高校生クイズのやり方では、これを防ぐことはできない。実際に他の会場を
回らないまでも、ネットワークを通じて全国のクイズ研どうしが問題を流し合っている
ことは間違いない。

――――(ここまで)――――

 この回まではウルトラクイズのように、ペーパークイズの収録時に「今取り組んでいる問題はこのようなものです」として何問か読み上げていました。
 このころはようやくインターネットの普及が本格化して、情報が洩れるということをいうことをわざわざ書いています。今だったらそんなことを考えるのは当たり前でいちいち言及しませんね。

|

« 16回中部大会(その10) | トップページ | 16回中部大会(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16回中部大会(その10) | トップページ | 16回中部大会(その12) »