« 武蔵浦和で早押し(その1) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その3) »

2020年11月24日 (火)

武蔵浦和で早押し(その2)

 ある落語家のツイート。

――――(ここから)――――

六代目 古今亭今輔 @imasuke666

クイズによく出る落語の問題。

「時そば」(本当の値段)
「饅頭怖い」(最後に怖がるもの)
「芝浜」(オチから演題を問う)

多分、これらがビッグ3。

あと、
「東京の落語界で前座と真打の間の階級は?」
↑これがまたよく出るんだわさ!
一度も押し勝ったことないけど。

――――(ここまで)――――

 ベタ問の概念がこんなところにも広まっているのかと思いましたが、最後を読むとこの人もクイズマニアなのか。

 それではコミセンまつりです。コミュニティセンターのホームページを前夜に見ても、中止するといったことは一切書かれていません。なお、ホームページによると、もともと子どもを含む家族しか応募できなかったところ、参加者が少ないので、普段一緒に生活している人ならいいということになっています。つまり会社の同僚などでもOKです。

 21日の10時に始まるので急いで行ったら、会場が武蔵浦和駅直結で意外に近かったので、15分ぐらい前に着きました。8階のエレベーターを出るといきなり消毒と検温で、何の用事かと聞かれます。クイズ大会の見学と言うと、リストバンドをつけられます。001となっています。15分前でまだ他に来ていないのか。そして名前と電話番号を書かないといけません。

 ちなみに、会場の隣の部屋では、早押しクイズちょこっと体験というブースも設けられています。文化祭でクイズ研がよくやっているやつです。コミセンまつりはこんなに全面的にクイズに頼って大丈夫なのか。この後、ナナサン。

|

« 武蔵浦和で早押し(その1) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その3) »

コメント

昨日「ブログの反響が無い」っておっしゃられたのでコメントしますね。
古今亭今輔さんは昔、TBSの特番「ワールドクイズクラシック」に出てましたよー。
あとユリイカにも寄稿してましたね。

投稿: DJコミュニティ | 2020年11月24日 (火) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵浦和で早押し(その1) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その3) »