« 16回中部大会(その5) | トップページ | 16回中部大会(その7) »

2020年11月 6日 (金)

16回中部大会(その6)

 明日の「バース・デイ」は、開成高校卒の競馬調教師だそうですが、59歳で競馬業界でこれだけ業績を上げていても、「なぜ東大ではなく馬なのか」なんていう番組の作り方をされるんですね。今の東大ブームで、どんな番組でも東大に結び付けられるものはやるということか。

 それでは16回中部です。

――――(ここから当時の引用)――――

さすがに東京のスタッフは疲れてやっていられなくなったか。と思ったら、前説もなく
いきなり本番が始まった。中京テレビはアナウンサーが来ていないはずはないの
だが。

先ほどの白馬に乗って司会者が現れる。しかし馬を走らせて入るわけにもいかず、
土手の中腹のところをモタモタと進んでいるだけである。全然迫力がない。本人も、
自分を盛り上げていたのが萎えてしまって、もとに戻すのに時間がかかったようだ。
「失敗は失敗と認めろ!」などと叫んでいた。ただ、盛り上がらないのは、演出よりも
ハードスケジュールで疲れがたまっているせいだと思うが。参加者は2200チーム
台で、近畿よりも多かった。

――――(ここまで)――――

 今は全体で予選が1回になって(敗者復活戦もあるが)ハードスケジュールでなくなる一方、全国の出場者を合わせても2200チームいるかどうか。

|

« 16回中部大会(その5) | トップページ | 16回中部大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16回中部大会(その5) | トップページ | 16回中部大会(その7) »