« 16回中部大会(その8) | トップページ | 16回中部大会(その10) »

2020年11月 9日 (月)

16回中部大会(その9)

 NHKラジオを聞いていたらこんなニュースをやっていました。

――――(ここから)――――

 ギネス世界記録にも認定されたアメリカの長寿クイズ番組で司会を務めたアレックス・トレベックさんが8日、亡くなりました。80歳でした。
 トレベックさんは去年、ステージ4のすい臓がんと診断されたことを公表しましたが、治療を続けながら司会をこなしてきました。
 番組の公式ツイッターによりますと、トレベックさんは8日、自宅で家族や友人に見守られながら亡くなったということです。

――――(ここまで)――――

 NHKのサイトを見ると番組名など書いてありますが、ラジオではこの3段落だけ読んでいました。ギネス認定されるクイズ番組の司会だと、その訃報は報道する価値あるということになるんですね。

 それでは16回中部です。

――――(ここから当時の引用)――――

最後は完全な常識問題で、12問目にしてYES-NOクイズは終わった。北陸で
書いた、後輩を勝たせるために全国の予選を記録して回っているという人のいる、静岡
の天竜林業は、なんと2チームが勝ち残った。やはり他の予選の問題を全部見ると
今年のパターンがつかめるものか。

さて、次の会場へ行くのだが、今から行くと早すぎる。しかしペーパークイズの結果
発表を見てからでは遅すぎる。一応結果発表の方法を知っておきたいのだが。
と思って河原を横切って土手に向かおうとしていたら、ブーブーゲートが目に入った。
なんだ、それなら見なくてもいいや。足を載せるところが5カ所あるので、各県の
1チームずつのチームリーダーだけがゲートに載るのだろう。最近、各県の1チーム
ずつの結果が同時にわかるという発表方式がどんどん増えてきた。今年は県別に
分かれている8地区のうち6つの予選でこの方式が行われた。

――――(ここまで)――――

 天竜林業というのは当時の静岡県天竜市にあった高校ですが、この高校の卒業生で、後輩のクイズ研を勝たせるために、14~16回の3年間だけ私並みに全国の予選を回っていた人がいるのです。今の時代だと努力の方向性が変わっていそうです。なお、天竜林業高校は廃止になって統合されて、天竜高校になっています。

|

« 16回中部大会(その8) | トップページ | 16回中部大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16回中部大会(その8) | トップページ | 16回中部大会(その10) »