« 武蔵浦和で早押し(その6) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その8) »

2020年11月29日 (日)

武蔵浦和で早押し(その7)

 先週日曜日に日本テレビでやっていた「いざわ・ふくらの解けば解くほど賢くなるクイズ」って、TVerで配信していたんですね。日曜昼の実験番組を配信するなんて初めて見ました。これは今後、レギュラー化するために推していこうとしているのでしょうか。

 それではコミセンまつりです。2ndステージの連答クイズ。正解した人が起立します。この状態で同じチームの別の人が正解すると1ポイントです。他のチームの人が正解すると座ります。2ポイント先取。なお、このステージには子どもの正解で2ポイントは適用されません。なお、クオッカは1人で参加していてもう1人はスタッフなので、立った状態で自分で答えないといけません。それにしても、このクイズ終わるのか? 一応、どのクイズも10分程度で決着がつかない場合はそこで終わることになっています。

 1問目の正解はカブトムシで、木村家が子どもに言わせます。次は自分が答えればいいからですね。なお、他のラウンドで、子どもに答えさせて2ポイントとることは、直接答えを教えない限り推奨されています。
 2問目、埼玉県の特産物でクオッカが正解。3問目、武蔵浦和の駅ビルの名前でレッズが正解。4問目、アンパンマンのキャラクターで小林家が正解です。5問目、ドラえもんの道具でレッズが正解。まったく連答がありません。10分たった場合、先に連答したチームが上位になるそうです。

 6問目、外国の作家で小林家が正解。7問目、ノーベル賞受賞者でクオッカが正解。8問目、ゲームのキャラクターで、小林家が不正解でレッズが正解。9問目、年中行事でレッズが正解して、ようやくポイントが入りました。この後、無料と有料。

|

« 武蔵浦和で早押し(その6) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵浦和で早押し(その6) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その8) »