« 16回中部大会(その15) | トップページ | 16回中部大会(その17) »

2020年11月16日 (月)

16回中部大会(その16)

 「まさかのバーサーカー」は半年で終わりましたが、正月に特番を放送するそうです。

 それでは16回中部です。

――――(ここから当時の引用)――――

決勝のルールは、早押しで2ポイントとると通過クイズに挑戦する。その通過クイズ
とは、3つから5つのものが舞台に登場して、それを指定された順番に並べるので
ある。順番が正しいかどうかの判定は、裁判所なので、板谷アナが「勝訴」という紙
を持って走ってくるように結果を書いた紙を見せる。そのためにスーツを着ている。
本日初めて板谷を見た。第1会場の敗者コーナーからすでにいたはずだが。なお、
通過クイズには5つのジャンル(=5問)があり、正解が出るまで何度でも同じ問題を
選べる。通過クイズでの不正解は全部で4回出た。しかしその4回は、すべて同じ
チームによるものである。つまり、他のチームはすべて一発で勝ち抜けたことになる。
さらに、4回間違えたチームの相手も最後に2ポイントとって一発で正解して大逆転を
果たした。いくら早押しでたくさん正解しても、ルービックキューブよりフラフープが
後の時代に発売されたと答えるというのは、常識がなさすぎる。彼らにとってはどちら
も歴史でしかないのかもしれないが。このチームの解答がすべて、他のチームの
勝ち抜けのきっかけを与えることになった。

――――(ここまで)――――

 フラフープとルービックキューブの発売は20年以上違いますが、生まれる前だとどっちも同じか。しかし当時の高校生の多くはルービックキューブの発売時にはすでに生まれています。
 板谷アナはこのころはいろいろな番組に出ていましたら、それからすぐに画面から消えました。

|

« 16回中部大会(その15) | トップページ | 16回中部大会(その17) »

コメント

板谷アナは、福沢アナからラルフアナに高校生クイズの司会を担当が変わってからは、異動しています。
いわゆる裏方へ回ったので、見かけなくなりました。
だいぶ後の24時間テレビの収録で見た事があります。

投稿: ぬくみそ | 2020年11月20日 (金) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16回中部大会(その15) | トップページ | 16回中部大会(その17) »