« オンラインのクイズトーク(その15) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その17) »

2020年10月10日 (土)

オンラインのクイズトーク(その16)

 「クイズ脳ベルSHOW」のBSフジでの宣伝で、八十何歳でこんなに元気とかいう解答者が紹介されると、この人が亡くなったら数カ月後の地上波での再放送はなくなるのだろうかと思ってしまいます。

 それではゲンロンです。トークが急に、何の情報もない思い出話になります。開始から3時間45分たって、疲れがたまっているか。例会での個人名が延々と続きます。開成は、ゴリゴリのクイズ知識を入れるヤツと、ナナマルサンバツの主人公のようなナチュラル知識を持とうとするのに分かれていたそうです。

 ゲンロンの人は、例会の結果などをすべてブログで読んでいたそうですが、このころ、高校名にウソの所属を書くのがはやっていたそうです。あるいは虚構のクイズ大会の参戦記というのもあったらしい。最近、若手がミクシィに戻っているそうですが、東大王がクイズジャパンで出した本はミクシィそのもので、書くにあたって過去のミクシィ日記を読み返したということです。

 開成のクイズ研も部費がゼロだった時代があって、高校生クイズを経て部員が増えたが、新人にクイズをやらせるために、東大王は1学期の間まったく早押しができなかったこともあるそうです。今は早押し機が普通に手に入るようになりました。この後、ザコ寝。

|

« オンラインのクイズトーク(その15) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンラインのクイズトーク(その15) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その17) »