« オンラインのクイズトーク(その26) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その28) »

2020年10月21日 (水)

オンラインのクイズトーク(その27)

 テレビ朝日の「さまぁ~ず論」で、今週ゲストが山里亮太で、Qさま!!が普通の知識クイズ番組になってしまってどう思ったかという質問をしていました。さまぁ~ずとしては、当時は寂しいと思っていて、ふざけないように言われているが、収録では、どこまでならふざけられるか限界を探って現場で楽しんでもらって、その中でたまたま放送で使われているものがあるという感じでやっているそうです。まだTVerで見られます。

 それではゲンロンです。ここから2人の話になります。好きなMリーガーはとか、とりとめのない話になります。ゲンロンの人は、何でもクイズだと思って見ているが、ラグビーはクイズに置き換えられないそうです。ラグビーは個人でどんなに超すごい人がいてもどうにもならない。複雑系だが無限性にすごい制約が入る。すなわちボールを前へ飛ばせない。一方で、メンタル要素が伝わりやすい卓球などはクイズで近似できるといいます。

 そして、ボルダリングはクイズそのものということになります。そもそも「課題」があるスポーツはこれだけだといいます。第三者が結果を左右できる。ゴルフも似ていますが、こちらはコース設計が事前に開示されているので、対策を立てることができます。この後、著作権。

|

« オンラインのクイズトーク(その26) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンラインのクイズトーク(その26) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その28) »