« オンラインのクイズトーク(その7) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その9) »

2020年10月 2日 (金)

オンラインのクイズトーク(その8)

 上野駅の構内の書店で、ナナマルサンバツの19巻がないかと角川書店の棚を探しても刺さっていないと思ったら、店の表に20冊ぐらい平積みになっていました。作者が初版部数が出ないといつも愚痴っているように思いますが、書店によってはこんな展開をするのか。

 それではゲンロンです。クイズ大会は、音声のことを考えると換気のいい会場ではできないそうです。東大王の人は、4~8月でテレビに101本出たそうです。最長9日連続で出たことがあって、自分でもオンエアをチェックできません。本来は深夜のラジオなどに移行したいそうです。その方がクイズの話ができる。

 哲学の人は、大会の観戦文化が育つといいと言います。フリースタイルダンジョンみたいなMCバトルが、当事者が語ることで発展したように、クイズプレーヤーがその発信をしたいということです。ゲンロンの人は、クイズ界側に見学の準備ができていないと言います。そんな中でも、大型大会の実況解説をゲンロンの人がやるようになりました。国技館の「どすこいFM」のようなものを意識しているらしい。

 ここで21時になって、東大王の人が「深イイ話」に出るらしいので退出します。こんな配信でも裏かぶりを避けないといけない。この後、無意味。

|

« オンラインのクイズトーク(その7) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンラインのクイズトーク(その7) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その9) »