« オンラインのクイズトーク(その10) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その12) »

2020年10月 5日 (月)

オンラインのクイズトーク(その11)

 ディープフェイク動画で女性芸能人のAVを作って逮捕というニュースで、各局とも、ディープフェイクの解説にかなり時間を使っていました。TBSは、ディープフェイクの説明は「ノブ違和感」でいいのではないか。

 それではゲンロンです。哲学の人は、クイズプレーヤーでない人にもクイズのおもしろさがわかるように書いたつもりと言います。そして「ナナマルサンバツのプレーヤーの思考はウソだと思う」。ナナマルサンバツにおいては、ボタンを押す前に大量の文章でその根拠を考えています。「ドカベンプロ野球編の古田敦也みたいになってる」。しかし実際はその瞬間は考えることなく反応しています。ナナマルサンバツについて、「僕らが通ってきた道が漫画になっている」。「また『公立の星』かよ」というセリフは現実をそのまま反映しているわけですし、全国大会の宿は機山館を取材して描いている。

 クイズは役に立つかという土俵に乗ることはしないといいます。わかりそうという感覚については、かつてユリイカで永六輔特集をやったときに「クイズ~知識の向こう側に」というエッセイを書いたそうです。そして大学院での研究は、わかりそうだとダイブするがスリーカウントも誤答判定もないようなものだと言いました。この後、いだてん。

|

« オンラインのクイズトーク(その10) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンラインのクイズトーク(その10) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その12) »