« 2000年の感想(その2) | トップページ | 2000年の感想(その4) »

2020年9月17日 (木)

2000年の感想(その3)

 日本テレビ・読売テレビ・中京テレビが、プライムタイムの番組のネット同時配信の実験を始めるそうですが、「あなたは小学5年生より賢いの?」は対象外です。ここはローカル枠なので、読売テレビも中京テレビも流されたら困るんでしょうね。民放のネット送信の問題点がもう現れています。

 それでは2000年の感想です。

――――(ここから当時の引用)――――

その浦佐ですが、FIRE号より先に着いて待ち構えていたのですが、駅でクイズを
やることなく、バスでどこかへ向かいました。さすがにその宿泊場所はわからない
ので一旦東京に帰りました。翌朝、高崎線の始発電車に乗って土合に向かいます。

>>それから土合駅のクイズで早押し台が最初の映像で6台あったけど,あれは敗者
>>復活者を予定してたの?

私が予想した通り、やはり全国大会で放送されない部分がありました。あのおにぎり
の後、敗者復活戦があったようなのです。これが、テレビ雑誌でさんざん紹介されて
いた「家族を笑わせたら復活」というやつでしょう。つまり今年の全国大会は敗者
復活が3回もあったことになります。ここで復活したのが石橋高校です。そして土合
でのクイズを前に、階段の下から解答席までの駆け上がり競争がありました。ここで
石橋高校がトップにならなければ敗者復活を認められないというものです。そして
最初に戻ってきたのは東大寺学園でした。この企画、実は心拍数を下げさせないため
のものだったわけです(この時点ではルールは発表されていない)。これに見事に
引っかかった東大寺学園は、いつまでたっても解答権が得られません。クイズは、
最初に解答権が復活した神奈川工業が着々と正解を続けて独走態勢になります。
ところが制限時間の30分が終わると、いつの間にか東大寺学園がトップになって
いました。私はこの時点で東大寺学園の優勝を確信しました。先日書いた決勝の
予想は、東大寺学園10ポイント、神奈川工業8ポイント、川越4ポイントだったの
です。川越高校なんか、まったくノーマークでした。

――――(ここまで)――――

 「おにぎり」というのは、魚沼産の米でつくったおにぎりを当てるというもので、全然外れないので完全に企画倒れになりました。もともとの解答権が後ろのチームがそのまま負けました。土合のクイズはタイムレースでしたが、心拍数が一定の値以下にならないと解答権がないというものです。「家族を笑わせたら復活」は放送では完全にカットされていて、土合駅には最初から石橋高校がいないことになっていましたが、最初の部分だけ解答席がチーム数より1台多いのは消せませんでした。

|

« 2000年の感想(その2) | トップページ | 2000年の感想(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2000年の感想(その2) | トップページ | 2000年の感想(その4) »