« オンラインのクイズトーク(その4) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その6) »

2020年9月29日 (火)

オンラインのクイズトーク(その5)

 「バイキング」が「バイキングMORE」になっても、13時台にライオンちゃんが登場するのは変わりませんでしたね。今や高校生クイズに存在しないライオンちゃんが毎日見られるのは貴重です。

 それではゲンロンです。当時の東大は開成とクイズ王の流れが合流することになって、東大王は「オレが蹴った球をオレが捕ってる」。ゲンロンの人は、クイズは同人文化だったがメディアと結びつきやすかったと言います。そして基本問題のオープン大会に高校生クイズスタッフが目をつけて、短文クイズといった背景が捨象されて、28回のような番組が生まれたということです。

 ゲンロンの人は「クイズはまともな人がやるものではないと思っている。人生が十分にうまくいっている人向けのものではない」。以前はクイズ研への風当たりは強くて、東大王の人のころは、クイズの人口を増やすこと自体を議論しなければいけなかったといいます。哲学の人がクイズ研に入ったころは高校生クイズが28回になる前でしたが、優勝したら手のひら返しで、あれからクイズ研にいるというのが当たり前になったそうです。この後、もてはやし。

|

« オンラインのクイズトーク(その4) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンラインのクイズトーク(その4) | トップページ | オンラインのクイズトーク(その6) »