« 2001年の小ネタ(後編) | トップページ | ひらめきの人間国宝さん(その2) »

2020年8月23日 (日)

ひらめきの人間国宝さん(その1)

 金曜日の「全力!脱力タイムス」の録画を見ました。東大卒クイズ王2人が番組についてのクイズに答えるが、放送されることとカットされることを使い分けることでクイズ番組についての暗黙の約束を破壊するというものです。その中で、最終的に出演を拒否した俳優は誰かという問題が出ていて、有田の答える音声が消されているのに正解になっていました。ちょうど数日前に山里亮太のライブに行ってそっくりな話を聞きましたが、そこで出ていた名前か? 最終的に結婚のきっかけになったようなことを言っていましたが。

 さて、関西テレビを見ていたら、「よ~いドン!deナゾトキ」というイベントのスポットCMが流れていました。この夏休みにテレビ局がリアルなイベントをやるというのは驚きです。超☆汐留パラダイスもTHE ODAIBAも、最初からなかったかのように、中止という告知すら見ていないのに。また、謎解きとコラボする番組が「よ~いドン!」なのか。確かに今、関西テレビ制作の番組で最も勢いがあるのはよ~いドン!かもしれませんが。朝の帯番組でこの前、視聴率17%取ったそうですし。それで、参加してみることにしました。

 21日の18時半の回に行きます。普段は関西テレビのアトリウムは通り抜けができて建物の裏の公園側に出られるらしいですが、イベントのために封鎖されています。参加者は裏に回って入ります。感染防止で、チケットの半券は自分で切って箱に入れます(山里のライブもそうだった)。検温があって、さらに大阪府の「コロナ追跡システム」に登録するQRコードを読み込まなければなりません。つまりスマートフォンを持っていないとそもそも参加できないということか?

 巨大画面には、番組出演者による参加方法の説明が繰り返し流れています。この後、閑散。

|

« 2001年の小ネタ(後編) | トップページ | ひらめきの人間国宝さん(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2001年の小ネタ(後編) | トップページ | ひらめきの人間国宝さん(その2) »