« 20回九州のYES-NOクイズ | トップページ | 新聞取材の続報 »

2020年8月 8日 (土)

取材を受ける

 明日、フジテレビの「ザ・ノンフィクション」は東大相撲部を取り上げるそうです。その番組内容にはこう書いてあります。

――――(ここから)――――

 今、世間の注目を集める“東大生ブランド”。連日のようにメディアに登場する東大生は、「頭がよいのに面白い!カッコいい!」という、従来のイメージを覆す活躍を続けている。しかし…もちろん、そんな人たちばかりが東大生ではない。

――――(ここまで)――――

 この裏でQさま!!の再放送をするのが皮肉なものです。

 さて、読売新聞の取材について99年に書いていたのを発見しました。前回書いたのとかなり事実が違っています。

――――(ここから当時の引用)――――

今年の高校生クイズのホームページは、昨年のアドレスを入力するとちゃんと今年の
に飛ぶようになっています。4月25日ぐらいから予選日程と応募方法だけは掲載
されていて、前年より改善が見られます。さて、昨年は5月3日に王子駅で高校生
クイズのスタッフに会ったのでしたが、今年も5月3日に変なことが起こりました。

実家に帰っていたところ、入浴中に、読売新聞の人から私宛てに電話がかかってきた
といいます。読売新聞に知り合いはいません。そもそもどうして私が実家にいること
がわかるんだ。30分後、再びかかってきた電話は、読売新聞の奈良支局の記者から
でした。なんでも、現在読売新聞の奈良版で、東大寺学園についての連載をしている
そうで、その最終回として高校生クイズのことをやるということです。事前に学校
とか武野に取材して、「高校生クイズのことなら大前に聞くべき」と言われて私の
ところに回ってきたというわけです。電話番号は高校で聞いただけで、実家にかけた
ら私がいたのはまったくの偶然だったのです。30分ぐらいいろいろなことを聞かれ
ました。その中で知った事実が、優勝当時、学校に大量のファンレターが届いて、
担任が仕分けに追われていたと学校側が語っていたということです。私はそんな話は
まったく知りません。他の優勝チームにはファンレターがたくさん来たとかいう話を
聞くので、いくら優勝しようと人気のない人はないんだと思っていましたが、学校が
手紙を握りつぶしていたということです。

翌日、支局から記者がわざわざ実家を訪ねてきて、私の写真を撮って帰っていき
ました。これが新聞記者の仕事か。事故で死んだ人の顔写真を遺族にもらいにいって
嫌がられたりするわけです。それにしても、私の現在の肩書きを知って、読売新聞に
写真つきで掲載する気か?

――――(ここまで)――――

 私に届いたという大量のファンレターについては、いまだに一切見ても聞いてもいません。

|

« 20回九州のYES-NOクイズ | トップページ | 新聞取材の続報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20回九州のYES-NOクイズ | トップページ | 新聞取材の続報 »