« 18回北陸の番組(その2) | トップページ | 18回北陸の番組(その4) »

2020年7月 7日 (火)

18回北陸の番組(その3)

 コンビニに行ったらカルビーのポテトチップスで、外装全体に謎解きが書かれているのがありました。また、森永チョコボールでキョロちゃんがキョエちゃんになっていてチコちゃんからの手紙が外箱を開くと読めるようになっているのもありました。クイズ的なものがここまで浸透する時代になるとは。

 それでは18回北陸の番組です。

――――(ここから当時の引用)――――

YES-NOクイズが15分で終わりました。これは短い。通常、20分が標準に
なっています。そして国旗10択クイズですが、「地方大会史上初の映像クイズ」と
いうナレーションが入って流れた映像が、牛? こんな映像問題があったっけ?
そして出た問題が「世界で最も牛乳を飲んでいる国は?」そう、ここでは最初の3問
がすべて、全員が同じ答えに行ったので放送で使えないため、4問目に合わせて新た
に映像をつくったのです。北日本放送はどこまで番組を改造するんだ! この問題が
終わると、全部の問題が映像クイズだったという内容のウソのナレーションが流れて
このコーナーは終わりました。1問しか放送されなかったのです。何度も言いますが
ここまでネット局が2回戦を使ってくれないのだから、YES-NOクイズでいきなり4
チームにして準決勝をやった方がいいのではないか。

――――(ここまで)――――

 この回の2回戦は国旗10択クイズといって、国旗のついたポールが10あって、どれかの国が答えの問題を出して、正解と思う国旗のところに走るというものです。選択肢の国は地区によって変わります。当時開催中のサッカーW杯の問題を出すためだけにカメルーンの国旗がありました。

|

« 18回北陸の番組(その2) | トップページ | 18回北陸の番組(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 18回北陸の番組(その2) | トップページ | 18回北陸の番組(その4) »