« 終了の報を受けて | トップページ | 優勝の前と後 »

2020年7月28日 (火)

優勝の翌年

 日本テレビが10月からゴールデンタイムの番組のネット同時配信を始める方針を示しましたね。ということは、延期された高校生クイズが間に合うということになります。クロスネットの地域の人も同じ時刻に見られるようになるか。

 さて、今回は、7回の優勝者の書き込みに対する返信です。

――――(ここから当時の引用)――――

>>ところで、優勝旗返還は毎年やっているものなんでしょうか?
>>第8回の東北大会のときはやらなかったので。。。 ちょっと責任を感じます。

おそらく、やらなかったのは私とあなたの学校だけだと思います。仙台第二高校
がやったかどうかだけがはっきりしないんですけど(ほとんどの優勝旗返還を肉眼
で見ていますからね。ちなみに過去17回の優勝チームで、私が生で見たことが
ないのは高志高校だけ)。優勝旗は宅配便で送り返しました。山形東高校はあなた
のチームだけ第8回への参加を禁止されたんでしたっけ?

私は当時から予選を回っていたので、当然第7回の近畿大会にも行きましたが、
あとの2人も来ることになりました。つまり会場に前回の優勝チームがいたのに、
何もありませんでした。それどころか司会者は、前回このブロックから優勝チーム
が出たこと自体にほとんど言及しませんでした。「昨年の優勝チームは東大に
入った」と言っただけです。実際は当時、東大に入ったのは1人だけで、2人は
浪人していましたが。

しかし、「高校生クイズのスタッフの今村です」という人がやってきて、事前番組
の収録をしたいと言います。で、カメラの前で女性にインタビューされました。
インタビューされながら、相手が誰なのかわからなかったのですが、よく考えたら
向井亜紀でした。当時はまだ本格的にタレント活動を初めて間もなくて、私以外の
2人は知りませんでした。そして、「あの今村という人も、どこかで見たことが
あるような気がするんだが…」と考えていたのですが、数日たって、元ずうとるび
の人であることに気づきました。引退して放送作家になったわけです。ところで、
先日の東北大会の4時間かかるクイズを企画したのはたぶんこの人だと思います。

――――(ここまで)――――

 11回は、世界陸上東京大会を日本テレビが中継するために24時間テレビが1カ月早くなった関係で、高校生クイズの予選開催日も異常に早くて(番組史上唯一、5月に予選が行われた)、日程がわかったときにはすでに北陸大会が終わっていました。また全国大会の決勝を見るために富士山に登りましたが、予想より1日早く収録が終わっていました。
 これ以降の回も、地区大会が全国同時になる前は、前回優勝校の出た地区大会で必ず優勝旗返還は行われていました(優勝チームが3年生の場合は校長が代理で来る)。
 向井亜紀は当時、全国ネットの番組としては「TVプレイバック」に出ていました。これも千代田企画のクイズ番組です。

|

« 終了の報を受けて | トップページ | 優勝の前と後 »

コメント

仙台第二高校の当事者です。
第6回は訳あって、田野君もわたしも出場しませんでした。
リーダーだった佐藤君が別メンバー2人と新チームを組んで出場しました(YES-NO落ち)。
地方大会のテレビ放映では、優勝旗の返還シーンはありませんでしたが、元からなかったのか、あったけど放送ではカットされたのかは不明です。
佐藤君ならびに第6回出場メンバーから直接話も聞いていませんし。

そんなわけで、仙台第二の優勝旗返還があったかどうかは、当事者も知りません。

投稿: 渡辺 | 2020年8月 1日 (土) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終了の報を受けて | トップページ | 優勝の前と後 »