« 17回北陸の紹介文 | トップページ | 17回中部の紹介文 »

2020年7月14日 (火)

17回沖縄の紹介文

 先週土曜日に、鉄道キッズクイズ目当てに「ドッキリGP」を見たら、「秒で2択クイズ」というのをやっていました。目の前に突然、ドロンコクイズのパネルが現れて、答えを選んで飛び込まざるを得ないのですが、裏は分けられていなくて、正解しようとしまいと泥んこになります。この企画において、クイズの問題とは何の意味があるのでしょうか。

 さて、前回に続いて、17回のホームページの沖縄大会の紹介を見ます。

――――(ここから)――――

6月21日(土)、東京発沖縄行き、朝8時45分の飛行機。
気温は30度オーバー。暑い。暑すぎる。
しかし、4日もいれば慣れるのか、福澤アナは実に爽やかにこういった。
「今日も天気がいいねぇ。」台風7号が去って沖縄は真夏に突入していた。
「今年はなんか、やたら人数が多いねぇ。」
それもそのはず、今年は、参加人数が昨年の倍の534チーム・1602人!
いろんな高校生に参加理由を聞いてみたが、その理由はついに不明に終わっ
た。
限定5問ポッキリ明朗会計のYES・NOクイズはスタッフにとっては不安な立ち上
がり。
1問目、2問目と正解者が多い。
というか、参加人数が2倍なのでそう見える。
結果的に5問目を終了した時点で約40チームに絞られているのが不思議だ。
帰らない敗者たち。
最後まで残っているといいことあるよ~」のインフォメーションが かなり強力
に効いているようだ。(毎年、敗者たちは残るけど、やはり多く見える)
決勝は5チームでの「ウォーターヘッドスライダー」昨年の改良版で、傾斜が
かなりきつくなっている。
実にスピーディーな展開が予想されたが、その通り、かなり早い展開でツルツ
ルっと 滑って終了。
まわりで見ていたカップルが「これ、お金払ってもやりたいね」などと言って
いた。
ちなみに、前日食べ過ぎたのか、当日福澤アナはほとんど何も食べずにイベン
トを敢行。

――――(ここまで)――――

 2回戦で全チーム失格したことは書かれていません。それにしてもクセがありすぎる文章ですね。スタッフの誰が書いていたのでしょうか。やはり主要スタッフが抜けてこういうところもちゃんとしていないのが感じられます。

|

« 17回北陸の紹介文 | トップページ | 17回中部の紹介文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 17回北陸の紹介文 | トップページ | 17回中部の紹介文 »