« 18回決勝の記録 | トップページ | 17回北陸大会(その2) »

2020年6月 7日 (日)

17回北陸大会(その1)

 NHK名古屋の「金とく」のクイズを見てきました。思ったよりおもしろかった。「ズームイン!!朝!」のパロディで、中継場所の名前のテロップに振り仮名がついているとか、「金太の大冒険」の説明が画面に文字で出るとか。名古屋オリンピック招致に失敗した映像を出して「何に落胆しているのでしょう」といった問題を出していました。「にっぽん ぐるり」かBS1の「中部推し!」の枠で全国放送してくれないかな。

 それでは久々に昔の予選のリポートで、17回北陸大会です。このときはもともと、北陸大会として書いたものではありませんでした。

――――(ここから当時の引用)――――

 北陸大会では、「大前さんですか。僕も予選を回っているんですよ」という人に4人も声をかけられてしまいました。さらに沖縄でも。これで北海道から沖縄まで、四国を除く全国9ブロックで、こういう人に声をかけられたことになります。一部では、これを「大前教」というらしい。それにしても、彼らはスタッフルームに直接電話をかけて、予選の会場を聞いたりしているようですね。私には決してそんなことはできません。

 北陸の会場へ行くのも大変でした。「ムーンライトえちご」で朝5時に新潟駅に着いて、一応駅前を見ますが何の気配もない。さすがに新潟市でやるわけにはいかないだろう。県別代表制でなかったときに新潟市でやって、石川県から8チームしか参加しなかったと司会が言っていたし。
 ということで、西に向かって普通電車に乗りますが、それらしい高校生の姿をまったく見つけることができません。途中、長岡駅で念のために反対方向の列車をのぞいたところ、この早朝に3人組の高校生らしい人が1組だけ乗っていて、また1人ですがなぜか朝日新聞を読んでいる高校生がいて、怪しかったのですが、決定的ではないのでさらに西へ向かいました。

――――(ここまで)――――

 この17回より前に唯一、5回の北陸を新潟市でやって(決勝会場は現在の阿賀野市)、当時は県別代表制ではありませんでしたが、司会者が、8チームしか参加しなかった石川県から代表が出たと言っていました。

|

« 18回決勝の記録 | トップページ | 17回北陸大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 18回決勝の記録 | トップページ | 17回北陸大会(その2) »