« 世界最初のクロスワード | トップページ | 虎の巻の続報(前編) »

2020年6月15日 (月)

98年に遭遇したこと

 世界一受けたい授業で書くのを忘れていましたが、ウルトラクイズの過去の問題で東大王が最終問題だけ間違えていましたけど、あれって、全問正解では番組としてつまらないから、演出を考えてわざと間違えたように見えました。もうそのくらいまでやる人になっているのではないか。

 さて、パソコン通信の過去の書き込みを見ていたら、98年5月にこんなことを書いていました。

――――(ここから当時の引用)――――

 今朝、出勤しようと、自宅最寄りの京浜東北線王子駅の階段をのぼっていると、上から「おはよう」という声がしました。何かと思ったら、高校生クイズの美術スタッフで一番偉い人が娘と立っていました(偉くなりすぎて、最近は直接関わってはいないようだが)。何をしに王子に来たのか知りませんが、「今年もあるみたいですね」と言ったら「あるよ」と答えていました。そういえば私は以前、綾瀬駅近くに住んでいたときも、千代田線の車内で高校生クイズの美術スタッフに会ったことがあります。昨年秋には社内報の仕事で太田プロダクションに向かって歩いていたら、「こんなのは高校生クイズじゃない」と降りた元ディレクターとすれ違いました。昨年末には、NHK広島放送局で働く友人に会いに行って、広島の「お好み村」に入ったら、ある店に、一昨年の中国大会の日付の福澤朗サイン色紙が飾ってありました。

 それはそうと、私は毎日、日本テレビのジャイアンツ戦中継をチェックしていますが、参加者募集のテロップが流れるのは確認できませんでした。日本テレビのホームページにあった高校生クイズのページは、数日前まで昨年のものが残っていましたが、現在は中身が消えています。一刻も早く、募集要項だけはこのページに載せるべきです。デザインに凝ったり更新したりする必要はありません。昨年・一昨年とも応募方法がホームページに出たのは7月になっていて、多くの人には意味がありませんでした。
 ところで、「今世紀最後!!アメリカ横断ウルトラクイズ」という番組のページができていることを発見しました。http://www.ntv.co.jp/ultraquiz/です。ここに掲示板のページがあって、ウルトラクイズについての噂を書き込むようになっています。日本テレビ自身がこんな掲示板をつくるか。現在のところ何も書かれていません。でも「クイズ研は書類で落とされるとトイレで聞いた」というタイトルのついている掲示板があって、これが記入例とも言えます。ここに「第1次予選は4大ドーム」とかいううわさを書いておけば、「それをやろうか」ということになるかも?

――――(ここまで)――――

 「こんなのは高校生クイズじゃない」と降りた元ディレクターというのは、前年の17回でクイズ軽視の路線変更によって多くの主要スタッフが離脱したことを表しています。この人は18回ではディレクターに復帰していて、高校生クイズを元に戻していました(運大王を本当に作為の入らない運だけで決まるルールにして、しかも放送では運大王に一切触れないで廃止に移行するとか)。

 当時、日本テレビでは毎日、ジャイアンツ戦を放送していたんですね。今年は今週金曜日にゴールデンで放送されますが、これが最初で最後かもしれません。

 「クイズ研は書類で落とされるとトイレで聞いた」って、その後、大炎上したやつじゃないか。その初報を書いていたのか。

|

« 世界最初のクロスワード | トップページ | 虎の巻の続報(前編) »

コメント

ユリイカ7月号でクイズ特集がありますが、高校生クイズの話もありそうです。

投稿: | 2020年6月16日 (火) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界最初のクロスワード | トップページ | 虎の巻の続報(前編) »