« 93年末の意見(その6) | トップページ | 93年末の意見(その8) »

2020年6月 4日 (木)

93年末の意見(その7)

 明日、NHKの東海地区で(静岡は翌朝)、名古屋の懐かしい映像をテーマにしたクイズ番組がありますが、司会がきくち教児で解答者がつボイノリオって、本当にNHKか? きくちは初期の高校生クイズ中部大会でずっと敗者担当をしていました。

 それでは93年末の意見です。

――――(ここから当時の引用)――――

とにかく、第6回では異常な参加者の増え方を記録しました。中部や近畿で、
よく会場に入れられたものです。
しかし、大都市のチームにとっては圧倒的に不利になるということが
わかったからか、第7回ではかなり参加者が減りました。
全体の参加者数に大きく寄与する関東大会は、7回では数を維持しましたが、
このときの熱中症事件が、その後の減少に影響したのではないでしょうか。
また、第8回では第1問が「全国統一問題」だったため、

 注 あの問題は本当は四国では出ていない。四国の2問目に
 載っている問題が出された。最初はこれを全国統一問題にするつもり
 だったのだが、演出上の失敗だったということで、次の予選から
 差し替えられたのである。

それまでのように放送で関東の2問目を見せることをやめ、番組上は
1問だけで分かれたように見せかけたため(これはその後ずっとそうなっている)、
グラウンドにも挑戦者を入れることができなくなったのでしょう。したがって、
参加規定にある「同一校からの申込みが多数の場合には、抽選によって参加
チームを決めることがあります」という抽選を厳しくして、チーム数を
絞ったのかもしれません。
以後、関東の参加者数はジリ貧となり、今年、決定的な減少を迎えました
(もう少しで、6回の中部に追いつかれるぞ)。

――――(ここまで)――――

 地区大会への参加者数は、関東以外は第6回が断トツです。関東だけ第7回になっても減らなかったので、全体の参加者はそんなに変わらないように見えますが。関東以外で最も参加者数の多かった予選は6回中部の5998チームです。

 8巻で、最初の四国のページの1問目に「全国統一問題」が載っていますが、実際はこの問題は四国以外の9地区でしか出ていなくて、四国の1問目は本では2問目に載っている問題です。
 そういえば、6回中部の1問目も「全国統一問題」でした。本では関東の3問目に載っている問題で、他の地区では2問目に出ましたが、中部だけはご当地問題のネタがなかったらしく1問目に出ました。6巻の中部のところを見ると、1問目が棒棒鶏の問題になっていますが、さすがにこれを第1問にはしません。

 11回から関東では入場時に2問出ることを放送でカットするようになりましたが、グラウンドに挑戦者を入れなくなったのは、4択であるように見せない(それまで4つの答えで1塁側スタンド、ライトのグラウンド、レフトのグラウンド、3塁側スタンドだった)ためでなく、今考えれば単に応募者が減ったからだろうと思います。

|

« 93年末の意見(その6) | トップページ | 93年末の意見(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 93年末の意見(その6) | トップページ | 93年末の意見(その8) »