« 93年末の意見(その4) | トップページ | 93年末の意見(その6) »

2020年6月 2日 (火)

93年末の意見(その5)

 「開運!なんでも鑑定団」はずっと総集編が続いていますが、今日は過去のゲストのお宝特集で、徳光和夫が福澤朗と共演して「尊敬されてないのは福留」と言ったのが再放送されていました。

 それでは93年末の意見です。

――――(ここから当時の引用)――――

 注 同様の例に、以前にもぶつかったことがある。
 「史上最大の敗者復活戦」の問題を文字に起こして解説をつけようとしたとき、
 準決勝で次のような問題があった。
 「新しい内閣ができたとき、新聞に発表される大臣の順番」
 ここで押して「法務大臣」と答えて正解。
 順番にどういう規則があるのかと思って、新聞の縮刷版を調べたが、
 そのときどきによってバラバラであった。
 一応、その放送日から見て直近にあった組閣での読売新聞を見ると
 総理大臣の次が法務大臣になっていたので、「トップは総理大臣ですが
 その次は?」という問題であると予想した。しかしこの問題は
 果たして成立していたのか?

 注 今年の高校生クイズでは、イヤというほどJリーグの問題が出たのに
 (ほとんどの予選の決勝の1問目はJリーグだった。もちろん、それ以外でも
 いくらでも出ている)、ヴェルディについての問題は、私の見たところでは
 1問もなかった。これは、日本テレビにおける「読売ヴェルディ」という表記
 の板挟みを回避するためか?

――――(ここまで)――――

 閣僚の順番は、兼務の関係などでいろいろ変わるようでした。
 この年にJリーグが発足しましたが、当時、ヴェルディ川崎のことを読売新聞だけが「読売ヴェルディ」と表記していました。読売のプロ野球でのビジネスモデルとJリーグの理念のぶつかり合いです。現在のヴェルディは読売でも川崎でもなくなりましたが。

|

« 93年末の意見(その4) | トップページ | 93年末の意見(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 93年末の意見(その4) | トップページ | 93年末の意見(その6) »