« 95年の意見(その5) | トップページ | 95年の意見(その7) »

2020年5月 2日 (土)

95年の意見(その6)

 今夜のテレビ東京の土曜スペシャルは、「鉄道沿線ひたすら歩き旅」の総集編ですが、「列島横断!ウルトラクイズSP」となっています。福澤が出ていることによるパロディの部分の企画だけをクローズアップして放送するのか。そして裏のフジテレビでは「鉄道ウルトラクイズ」です。この時代に鉄道のウルトラクイズが2局でかぶるとは。

 それでは95年の意見です。

――――(ここから当時の引用)――――

>>8/25 全国大会について
>>それにしても参加者が随分前と比べて減っているのですね。
>>いつからこんなに減ったのでしょうか。福澤に代わってからやはり
>>減ったのでしょうか。視聴率が下がっているから?

今年、突然激減しました。
確かに第6回で異常に人数が多かった後は、毎回少しずつ減ってきていましたが、
それでも1地区1000チーム台後半から2000チーム台は維持していました。
それが今回は軒並み3桁の予選が現れました。
原因はわかりません。視聴率の低下と連動していることは間違いないでしょう。
要するに番組への興味が薄れているということですから。
ウルトラクイズがなくなったからという説を掲げる人も多くいますが、
ウルトラクイズが存在するうちは高校生クイズにも出ようと思うのでしょうか。

>>今回は名物クイズを全部全国大会に使っていた感じがしました。

絶叫クイズも垂直落下クイズも、今年の予選で行って、番組内でも流れるのに、
よくまた同じことをやったものです。予選でやったのと同じクイズをすることに
なるチームがいたらどうなっていたことでしょう。
突然放送時間が伸びることになったので、企画が間に合わなくて
予選の設備を流用したとか。

――――(ここまで)――――

 何度も書いていますが、地区大会に来るチーム数が1000を割った予選があるだけで騒いでいるほど、かつては多くの参加者が集まっていたのです。14回以前で、1000チーム来なかった地区大会は、沖縄を除くと1回しかありませんでした。

 地区大会でやったのと同じクイズを全国大会でやるということは、地区大会の部分を放送する気が最初からなかったということですね。

|

« 95年の意見(その5) | トップページ | 95年の意見(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 95年の意見(その5) | トップページ | 95年の意見(その7) »