« 日本のクイズカルチャー(その6) | トップページ | 日本のクイズカルチャー(その8) »

2020年5月17日 (日)

日本のクイズカルチャー(その7)

 昨夜、テレビ朝日の「謎解き×クイズ ONE TEAM」が再放送されていました。数カ月前の本放送のとき、2週目を見るのを完全に忘れていて録画もしていなかったので助かります。このところの番組制作が難しい状態で、過去の番組が思いがけず見られていろいろ助かっています。そういえば明日のQさま!!は、枠が3時間も設定されたのに収録できなかったので、知識クイズになる前の時代の総集編をやるんですね。

 それではアフター6ジャンクションです。ここで問題が出ます。「過去17回の優勝者のうち最年少記録は何年生」。宇多丸が中3と答えます。正解です。2011年の開成中学の人です。その後、東大医学部に入って、最終的に3度優勝しています。それまでの大会の歴史を研究して、年上の行動をラーニングしたそうです。

 ここで、その人の先輩である東大王のツイッターが紹介されます。番組を聞いているそうです。「僕は準決勝まで行った」と書いてあります。準決勝ぐらいまでいくとレベルに差はなくて、本当に巡り合わせで決まるので、壇上も観客も涙するシーンを何度も見たといいます。この後、絞る。

|

« 日本のクイズカルチャー(その6) | トップページ | 日本のクイズカルチャー(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本のクイズカルチャー(その6) | トップページ | 日本のクイズカルチャー(その8) »