« 93年末の意見(その1) | トップページ | 93年末の意見(その3) »

2020年5月30日 (土)

93年末の意見(その2)

 この前「93年のアタックを見て」というのを書きましたが、当ブログの管理画面で過去の記事を調べていたら、2006年にまったく同じ引用を、「下書き」としてブログに掲載しないで放置しているのを発見しました。何の情報に関心を示すかはずっと変わらないということです。

 それでは93年末の意見です。

――――(ここから当時の引用)――――

確かに12回では、準備期間が非常に短くて、過去の問題を使ったり
予選間で問題を使い回したりしたらしいので、予選の早押しの問題が
載せられないのはわかります。
しかし今回はちゃんと新作で、かなり頑張って作っていたのに、
日の目を見ないのは実にもったいない。まさか、本に載せないで
来年に回そうとしているのでは…。

予選のYES-NOクイズに、どこの予選のものかの表示が復活したのはよい。
載っていない問題もないようです。11巻では、関東と中部の第1問・第2問を
省略しています。確かに、そのような問題で練習しても意味はありませんし、
問題に出てくるデータも、二度とクイズ番組で使われないものでしょう。
しかし、問題文の特徴や、どのように問題を作るかを研究するには
絶対に必要なものです。勝手に外されては困ります。
この点で、「能勢一幸のクイズ全書」にある「クイズの本に時事問題はいらない」
という意見には承服できません。

ついでに書くと、一時、問題と解答が同じページの上下に載っていましたが、
これが別ページに戻ったのはよいことです。
同じページだと、解答を載せるスペースが非常に狭くなって、解説が極めて
不十分なものになっていました。確か「クイズは創造力」にも書いてあったと
思いますが、解説まで含めて読まないと、クイズの実力はアップしません。

――――(ここまで)――――

 12回は準備期間がなかったといった情報は、記憶が定かでありませんがどこかのスタッフから流れてきました。
 なお、今考えると地区大会のYES-NO以外が載らなくなったのは、単に予選を軽視するようになったからではないかと思います。それにしても、11回の関東と中部の最初の2問が載っていないなんて完全に忘れていました。私はその問題をどこかに記録しましたっけ。ちなみにこの年は中部も会場の外で問題が出て、第1問の答えによって別の場所に行くというものでした。

|

« 93年末の意見(その1) | トップページ | 93年末の意見(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 93年末の意見(その1) | トップページ | 93年末の意見(その3) »