« 番組が終わるとき | トップページ | 93年末の意見(その2) »

2020年5月29日 (金)

93年末の意見(その1)

 「ひよっこ」の押阪忍の回は、今のところ来週火曜日になっています。社会情勢によってはまた変わる可能性があります。

 さて、また93年のパソコン通信の記事です。私が別の人の書き込みに返信をしたものです。

――――(ここから当時の引用)――――

|先日、高校生クイズの問題集13巻を買いました。

12月の初めから、そろそろ出るのではないかと思って書店を回りましたが
全くなくて、先日、大阪の旭屋書店でやっと見つけました。

ついでに、「クイズ日本人の質問」の本も見つけました。
最近NHKは、自局のクイズ番組の本を、日本放送出版協会から出しませんね。

で、本を見て思ったことを書きます。

まず、本の各所に「来年もある」というようなことがくどいほど書いてありますが、
どうも、コメ開放に関する政府見解のようで、
最後に突然、「やっぱりやらない」ということになるのではという気がして
しようがありません。

投書のコーナーが長かったり、「ファイアーインタビュー」があったりしますが、
その分、問題のページが少ない!
どうして、予選の、YES-NOクイズ以外の問題が載らないんでしょうか。

 注 九州の早押しクイズというのが載っているが、これは
 第1問を無条件に通過できるチームを決めるためのものである。
 各県の登録番号1番のチームが早押しをやる。問題は全部で7問。
 それぞれの県の代表が正解した数だけ、その県からシード校が
 抽選で選ばれる。また、3ポイント挙げると、答えたチーム自身も
 シードされる。

――――(ここまで)――――

 私にゆかりのある曽根崎警察の隣で、ビル全部が旭屋書店でしたが、あれがすっかりなくなるほど書店業界が厳しくなるとは思いませんでした(現在はあの場所の地下に小さい店舗がある)。旭屋書店は東京ドームのそばにあった大型店舗もなくなりましたし。

 クイズ日本人の質問の本は、いくつかの出版社から出た後、NHK出版からも別に出ました。

 「コメ開放に関する政府見解」って、この年は記録的冷夏で歴史に残るコメの不作で、タイ米などを輸入したことを表しています。

 13回九州でそんな企画があったとは、まったく記憶にありません。

|

« 番組が終わるとき | トップページ | 93年末の意見(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番組が終わるとき | トップページ | 93年末の意見(その2) »