« 15回四国岡山大会(その4) | トップページ | 15回四国岡山大会(その6) »

2020年4月18日 (土)

15回四国岡山大会(その5)

 書くのを忘れていましたが、少し前の「たまむすび」で土屋礼央が、ネプリーグの賞金の100万円がちゃんと事務所を通さず振り込まれていたという話をしていました。ネプリーグで100万円の賞金が出たのも今は昔です。ちなみに博多大吉はかつて同じ番組で、地方局の特番で賞金100万円とうたったらそれは100%ウソと言っていました。

 それでは15回四国です。

――――(ここから当時の引用)――――

 なお、ペーパークイズの結果発表だが、受付のゲートのところにブーブーゲート的なものが設置されていた。各県1チームずつが同時に乗るようだ。ところで、受付ゲートの上についていた番組の旗は8本あったはずだが、広島で1本なくした?

 準決勝はどこかの製紙会社の敷地らしい。地図で調べると、伊予三島市の工場はやはり先ほど予想した付近にしかない。原料の積み込みの船の見えるところへ向かってひたすら歩く。
 そんなところまで入れるのかと思ったら、特に閉鎖されているわけでもなく、現にたくさんの釣り人が入り込んでいた。求める会場を探しながら、岸壁に沿って歩くのだが、陸地の出入りが激しくて、歩行距離は相当長い。

――――(ここまで)――――

 この回、番組ロゴの入った8色の旗が登場したのですが、なぜか途中の予選から、全部を使わなくなりました。壊れるか何かしたのだと思います。全国放送の最後でこの8本の旗が映って、久しぶりに全部見たと思いました。

|

« 15回四国岡山大会(その4) | トップページ | 15回四国岡山大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15回四国岡山大会(その4) | トップページ | 15回四国岡山大会(その6) »