« ローカルな放送のネタ | トップページ | 私もクロスワード »

2020年4月 9日 (木)

日本人の質問(その89)

 今日のデイリースポーツは、「自粛生活のパートナー」と書いてあって、1面が「猛虎クロスワード」です。盤面がちゃんとルールに沿っていて、カギはすべてタイガースに関係ある文章になっています。それにしても、新聞の1面がクロスワードなんて前代未聞です。100年前のアメリカみたい。

Tigercrossword

 それでは「クイズ日本人の質問」です。

――――(ここから)――――

この太鼓に隠された、400年以上前からの伝統的な工夫とは?
胴の内側に金箔が張ってある。音がよくのびて遠くまで響く。音が木の表面に吸収されるのを防ぎ反射率を高める。木は顕微鏡レベルで見るとざらざらしている。
雅楽の歌の世界で使われる言葉で、我々の生活に定着している言い回しとは?
朗詠という、平安時代の貴族が漢詩にメロディをつけた声楽曲は、一の句、二の句、三の句の3パートに分かれている。二の句だけが1オクターブ高いため、一の句を歌った次に絶句してしまうところから、二の句が継げないという言葉ができた。
津軽三味線の吉田兄弟が舞台に上がる前に必ずやることとは?
棹のてっぺんの天神というところに耳をあてる。大きな音を出せないところや雑音のひどいところではこうやってチューニングを確認する。
作曲家・宮城道雄が発明した風変わりな箏とは?
弦が80本ある。西洋音楽を箏でやるという発想から生まれた。しかし宮城以外には弾けないので定着しなかった。

――――(ここまで)――――

 「この太鼓」の画像を載せられませんが(当時画面キャプチャをとった画像形式が開けない)、高さが2メートルぐらいあるようなタイプの和太鼓です。

|

« ローカルな放送のネタ | トップページ | 私もクロスワード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローカルな放送のネタ | トップページ | 私もクロスワード »