« 95年の意見(その1) | トップページ | 95年の意見(その3) »

2020年4月27日 (月)

95年の意見(その2)

 週刊ポストに、かなりの分量のクイズ番組特集が載っていますね。かつてのクイズ番組から、それで優勝した人が難問を5問ずつ選ぶというものです。最近のクイズ王ではなく昔の人ばかり登場するのが、週刊ポストの読者層を表しているように思います。

 それでは95年の意見です。

――――(ここから当時の引用)――――

>>「高校生クイズ関連の番組をすべて1日にまとめる!」というのはいかがでしょうか?
>>例えば、夕方4時~6時にその地方で行われた予選を放送して、
>>その日の夜9時~11時半までで全国の予選の模様と全国大会を放送する。
>>中にはこのように放送している局もあるみたいですが、大抵の局が「予選と全国大会
>>は別々の日」に放送しているのではないでしょうか。だって、地区予選会が放送され
>>てから、日が経つにつれて興味が薄れていくのは当たり前の発想だと思いません?

今年は北陸が、全国放送と同じ日でした。
昨年の全国放送の日の夕方は、広島で中国の番組を見ていました
(ただしこれは再放送。普段は「進めスポーツ元気丸」の枠でやっている)。
あとは、10回の四国の番組も全国放送の日でした。
近畿は6回から10回までずっとそうでしたが、11回からやめました。
…と、こんなことを書いても何の役にも立たないのですが、
これを全国で実現させることができない理由があります。それはクロスネットです。
他の系列の番組も流している局はたくさんあります。
したがって、予選の番組レベルで見ても、例えば中部は必ず3局同時放送ですが
(3局とも純粋な日本テレビ系なので)、中国は3局とも放送日時が違います。
それどころか、本編の放送日時が違う局もあるのです。
ある回では、山形・大分・宮崎・沖縄の4県のみが放送日時が異なりましたが、
今年はどうだったのでしょう。
ここまで書いて気づきましたが、放送のあとすぐに感想をここにアップして
よいものでしょうか。

もう1つ、本編の放送は必ず平日です。夏休み中とはいえ、夕方の番組を一般の
勤め人が見ることはできません。したがって、あまり意味がありません
(私も事前番組に出演するときは、お年寄りを意識してしゃべっていました)。
だからこそ、本編には予選の模様も盛り込まなければいけないのですが。

――――(ここまで)――――

 その後、予選の番組を全国で同時に放送するという試みも行われました。前週の土曜日の昼とか、深夜に4回に分けてとか。でもあまり効果はなかったように思います。全国放送での予選軽視はとどまることなく、最近は最初から各県1チームしか応募していなかったかのように見えるくらいです。
 あと、かつては山形が全国大会の放送日時が違うときがあったんですね。これを書いていた時点ではさくらんぼテレビが開局していないので、山形放送では高校生クイズの時間帯に他局の番組を流していたのでしょう。

|

« 95年の意見(その1) | トップページ | 95年の意見(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 95年の意見(その1) | トップページ | 95年の意見(その3) »