« 95年の意見(その3) | トップページ | またクロスワード »

2020年4月29日 (水)

95年の意見(その4)

 書店に行ったら「あなたは小学5年生より賢いの?」の本が出ていました。

 しかし、前番組の「超問クイズ」が1巻と名乗っていたのに2巻が出なかったからか(○×クイズではない別の本は別の出版社から出た)、今回は巻数がありません。

 それでは95年の意見です。

――――(ここから当時の引用)――――

予告通り、北陸大会の番組を見てきました。
北日本放送の作る番組を見るのは第8回以来ですが、7年前とは比べものに
ならないくらい、番組のできがよくなっていました。
放送機材の更新はともかくとして、編集者のセンスも
ここまで向上するものでしょうか。
一方、同時刻に放送された、事前番組60分バージョンも見ました。
事前としては初めてスタジオ収録がなく、進行の2人が副調整室で少ししゃべった
だけでした。つまり、各地で行われたクイズの内容を淡々と流すだけで、
昨年までのような追跡取材はまったくありませんでした。
本編に予算を回して事前の方が削られたのかもしれませんが、
私は今年の事前番組は非常に優れていたと思います。あれがあるべき姿です。

しかし、いくら地区大会の番組や事前番組がおもしろくても、
評価の対象になるのはあくまで本編ですからね。
今年は珍しく、裏にあまり強そうな番組がなかったのですが、
視聴率はかなり厳しいのではないでしょうか。
どうして莫大な金をかけて、番組作りがあんな方向に行ってしまうんでしょうか。
演出が「史上最強のクイズ王決定戦」にあまりにも似ています。
新しい視聴者を獲得できない上に、もはや高校生クイズには見えないので
これまでの視聴者も離れるような気がします。
だいたい、ナレーターの川平慈英は裏番組のレギュラーではないか。

――――(ここまで)――――

 何度か書いていると思いますが、8回の北陸の番組は、ナレーションもなければ細かい編集もしていなくて、「家庭用ビデオか!」と思ったのです。
 事前番組60分バージョンが、ちゃんとクイズの内容を流していたと書いてありますが、この後の回ではまた内容が悪化して、もはや高校生クイズとほとんど関係ないドキュメンタリーだったこともあります。
 「裏番組のレギュラー」というのは、ニュースステーションのことか。

|

« 95年の意見(その3) | トップページ | またクロスワード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 95年の意見(その3) | トップページ | またクロスワード »