« 15回四国岡山大会(その9) | トップページ | 資料的な投稿 »

2020年4月23日 (木)

15回四国岡山大会(その10)

 吉本が「家1グランプリ」という、家で撮った動画で優勝した芸人に家賃1年分というのを始めましたが、レイザーラモンRGが「あるある王!ある沢拓司!」というのをやっています。曲のタイトルを一瞬聞いただけで、ボタンを押してあるあるをすべて言い当てるというものです。芸人にパロディにされるほどの存在になったか。

 それでは15回四国です。

――――(ここから当時の引用)――――

 のぞいたところ、圧縮空気で棒を出したり引っ込めたりする装置を使っているようだ。落ちる瞬間に「シュッ」という音が聞こえる。
 ところで、四国の決勝はなぜか、1県づつやる形式が圧倒的に多い。過去、5県まとめてやったのは2回だけである。私は、全体の放送時間を短く編集しやすいように、県ごとに分ける決勝はすべきではないという立場だが、今回は1時間番組としては尺が余りそうだからまあいいだろう(オレはプロデューサーか)。

 それなりに逆転もあり、テレビ的に使えそうなチームも残って、決勝は終わった。まだ5時である。北海道・沖縄以外でこんなに早く終わるのは最近ない。昔は6時には必ず終わっていたが、最近どうも時間がかかりすぎる。最高記録は依然として13回中部の8時前だが。

――――(ここまで)――――

 この後、21回九州の21時や22回近畿の22時半といった記録更新があります。

|

« 15回四国岡山大会(その9) | トップページ | 資料的な投稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15回四国岡山大会(その9) | トップページ | 資料的な投稿 »