« 15回四国岡山大会(その6) | トップページ | 15回四国岡山大会(その8) »

2020年4月20日 (月)

15回四国岡山大会(その7)

 「ロザンのクイズの神様」のフジテレビでの放送がつぶれていましたね。なんかウイルス関係で世界をつなぐ特番みたいなのになっていましたが、もともとこれをやる予定で単なる穴埋めとして設定していたのでしょうか。

 それでは15回四国です。

――――(ここから当時の引用)――――

 次に「タウンページ」で製紙業のところを見る。なんだ、川之江市に入ったところにある工場ではないか。ここからまだかなり歩かなければならない。せめて準決勝が終わるまでには着きたいものだ。

 すでに2時間ぐらい歩いている。ようやくその工場の敷地があった。しかしどこに入口があるのかわからない。また周囲を大きく回って歩く。1カ所、塀が切れているところがあった。そこから入ると、ルール説明をしている声が聞こえる。だが、その場所との間には壁が立ちはだかっている。
 外に出てさらにずっと歩くと、ようやく受付が見つかった。受付で話す。「ここで高校生クイズの収録をやってますでしょうか」「はい。ここを入って、あの碑のあるところで右に曲がると、先に車のたくさん停まっているところがありますから、そこに行ってください」。私は「高校生クイズのスタッフです」などというウソは言っていない。

――――(ここまで)――――

 前半が伊予三島市で後半が川之江市でしたが、今は合併して四国中央市になりました。合併していても参加規程書には会場が「四国中央」ではなく「伊予三島」と書かれたと思いますが。周南市の徳山なども同様です。

|

« 15回四国岡山大会(その6) | トップページ | 15回四国岡山大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15回四国岡山大会(その6) | トップページ | 15回四国岡山大会(その8) »