« 15回四国岡山大会(その10) | トップページ | 日本人の質問(その90) »

2020年4月24日 (金)

資料的な投稿

 当ブログも、バラエティ番組の収録ができなくなって総集編と再放送で埋めているテレビと同じような状況になっているわけですが、過去のパソコン通信時代の記録を見ていると、私は意外にいろいろなことを書いていることがわかりました。これを載せるだけで結構日数が稼げます。今回は、意味があるのかよくわかりませんが資料として。

――――(ここから当時の引用)――――

先週の水曜日の午後5時から首都圏ではなぜか、「クイズ悪魔のささやき」の
番外編が放送されていました。その中で、これまでに放送された全クイズの
正解率が出ていましたので、それをここに載せます。

全クイズ合計の正解率 58.3%
100万円チャレンジの正解率 49.5%

ランキング2択クイズ 79.2%
ピークイズ 74.4%
即答!2択クイズ 64.3%
クイズ!ひとりにしないで!! 62.7%
記憶力クイズ 58.3%
クイズ!パニック野郎 56.2%
クイズ!中に入れてョ!! 55.0%
クイズ6面キューブ 50.0%
ステレオクイズ 50.0%
最後の一葉 47.2%
古今東西NGワード 40.6%
広辞苑クイズ 39.1%
すえひろがりしりとり 0%

「ステレオクイズ」は、第2回で2問出題されただけのものです。
3人が同時に3つの問題を読み上げ、うち2つを正解すれば合格です
(ただし間違えた答を2つ言うとアウトのようです)。
「すえひろがりしりとり」は最近始まったクイズです。
前の単語に1文字づ加えて新しい単語をつくるんでしたっけ?
なお、「ランキング2択クイズ」と「即答!2択クイズ」の違いは、
前者が「人生ゲームハイ&ロー」なのに対して後者が
「ベルトクイズQ&Q」や「桂三枝の連続クイズ」の
「コツコツコース」だということです。

――――(ここまで)――――

 当時、平日の午後5時はニュースをやってなくて再放送枠だったんですね。
 「クイズ悪魔のささやき」はいい番組でしたが、出場する一般人の金が欲しい理由がどんどんエスカレートして、エイズでもうすぐ死ぬとか、深刻なDV被害を受けているとかになってバラエティの枠に収まらなくなったのが意外に長続きしなかった理由だと思います。

|

« 15回四国岡山大会(その10) | トップページ | 日本人の質問(その90) »

コメント

 「クイズ悪魔のささやき」は、基本的にはバラエティ要素が強い出場者が多かった一方、「出場者が顔を隠して出演する」ような深刻なケースも多かったです。クイズ慣れしていない出場者が多い印象でした。

 「エイズでもうすぐ死ぬ」出場者は、最初のアンケートで100人全員が支持して、1問目で100万円を獲得したと記憶しています。

投稿: にっしー | 2020年4月24日 (金) 11時46分

追記。

「すえひろがりしりとり」は、「前の言葉より常に文字数が多くなるように、しりとりを何回か行う」というものでした。

投稿: にっしー | 2020年4月24日 (金) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15回四国岡山大会(その10) | トップページ | 日本人の質問(その90) »