« 14回エコ甲全国大会(その38) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その40) »

2020年3月18日 (水)

14回エコ甲全国大会(その39)

 「まさかのバーサーカー」が4月からレギュラー化されますが、セットは新しく造られたものの、解答席はアタック25から借り続けるそうです。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。北野は去年は地区大会で準優勝だったそうです。同級生が対策問題を200問作って、それが出たらしい。
 3位は0点のチームの中で、予選順位で新潟です。ブロックの数の多い栄東でもいいように思いますが。出題は足利銀行です。ちょうど16時に終了です。

 休憩後、閉会式です。大画面に、協賛の金融機関名がスクロールされます。映画のエンドロールを見ているようです。
 育英奨学金の対象者の発表があります。25人の応募があったそうです。私が行った山形大会では、代表が奨学金目当てで出たと明言していました。まず、高校在学中に50万円もらえるのが上田の人と今治西の人、大学で毎年50万円もらえるのが金大附属の人、青雲の人、N高の人です。男性3人、女性2人。この後、ぬいぐるみ。

|

« 14回エコ甲全国大会(その38) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その40) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲全国大会(その38) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その40) »