« 14回エコ甲全国大会(その30) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その32) »

2020年3月10日 (火)

14回エコ甲全国大会(その31)

 今朝、フジテレビで「クイズ!脳ベルSHOW」の再放送を見たら、元ずうとるびで元高校生クイズスタッフの人が出ているではないか。クイズで圧勝していました。ちなみにこの番組はスタッフにも、元高校生クイズスタッフがいます。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。チームの得点は、中央のブロックから最も長く伸びているチェーンに含まれる、それぞれのチームのブロックの数です(最も長いチェーンが複数ある場合は、そのすべて)。

 さて、クイズは10問の早押しボードクイズです。「早押しボードクイズ」なんていう、一般には存在しない用語を何の説明もなく使うなんて、エコ甲スタッフの感覚ががクイズ界隈の影響を相当受けているのがうかがえます。それにしても、決勝に早押しがあるのはものすごく久しぶりです。もしかしたら第1回以来か。

 ボタンを押したかどうかに関係なく、正解チームはブロックを2個ずつ置きます(各チームがどの場所に置くかをボードで出すのを2回繰り返す)。ただし、複数のチームが同じ場所を指定したら、どのチームもそこにブロックを置けません。

 早押しボードクイズは、問題を読んでいる途中でどこかがボタンを押したらそこで読むのをやめて、押したチーム以外もその時点でボードに答えを書くというものですが、ボタンを押す意味はどこにあるのか。それは次回。

|

« 14回エコ甲全国大会(その30) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その32) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲全国大会(その30) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その32) »