« 第8回埼玉クイズ王決勝大会(その6) | トップページ | 第8回埼玉クイズ王決勝大会(その8) »

2020年3月29日 (日)

第8回埼玉クイズ王決勝大会(その7)

 アタック25の優勝賞品の紹介で、渡航時期は状況を見て調整するというような字幕が入るようになったんですね。そういえば昨日の昼に単発番組で、海外取材しまくったのが放送されていましたが、これからはこんな実験番組枠どころかゴールデンでも海外映像は一切なくなって、過去の再放送みたいなものばかりになるのでしょうか。

 それでは埼玉クイズ王です。12問目は近代史で青が正解。13問目、川越の行事についてで青がリーチになります。14問目、東京と隣接する市で、青が勝ち抜けました。

 3組目の対戦は、赤がコクーンシティ午前の敗者復活の親子、青がコクーンシティ午後の若い男女です。県の観光課の職員であったことがわかります。毎回出場しているそうです。黄が川越の、クイズ業界で聞いたことのあるチーム名です。東洋大クイズ同好会出身者であることがわかりました。

 1問目、埼玉県のものが取り上げれられているランキングを答える問題で、青のみ正解。2問目、熊谷の歴史で年号を答える問題で、黄が10年差で2点、赤が1点。
 3問目、埼玉出身の力士で、黄が不正解で赤も不正解。4問目、美里町のキャラクターで解答権のある青が正解。5問目、合併した町の問題で黄が不正解です。この後、私の予想。

|

« 第8回埼玉クイズ王決勝大会(その6) | トップページ | 第8回埼玉クイズ王決勝大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第8回埼玉クイズ王決勝大会(その6) | トップページ | 第8回埼玉クイズ王決勝大会(その8) »