« 14回エコ甲全国大会(その23) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その25) »

2020年3月 3日 (火)

14回エコ甲全国大会(その24)

 「ビーバップ!ハイヒール」が終わるそうですね。逆に民放のあの時間帯で、これだけ勉強のような内容の番組が15年続いたことが驚きですが。視聴者は娯楽要素ばかり求めているわけではないということですね。一方で、「まさかのバーサーカー」がレギュラー化されるそうです。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。1問目は聖ウルスラ学院が出題します。自分の問題を出します。経済史に名を残した4人を生まれた順番に並べるというものです。これは単純に考えると24択で難しすぎないか。結果、全チーム不正解です。これで聖ウルスラは最終的な得点が×0.5になることが確定したわけです。

 次は松江高専です。自分の問題を出します。2国の名目GDPが高いのはどちらかという問題で、これは逆にここで2択を出すような場面ではないだろ。城東と聖ウルスラだけ不正解。松江高専は×1.5になります。

 次は栄東。自分の問題を出します。キャッシュレス決済のポイント還元は何月までという、ずっと報道されていることですが、これに正解したのが高志、高松、日向学院で、見事に狙いが的中しました。×3.0です。この後、足りない。

|

« 14回エコ甲全国大会(その23) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲全国大会(その23) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その25) »