« 14回エコ甲全国大会(その33) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その35) »

2020年3月13日 (金)

14回エコ甲全国大会(その34)

 昨夜、テレビ東京の「勇者ああああ」で「工業高校生クイズ」というのをやっていて、工業高校卒の芸人が東大王と対戦するというのをやっていました。実は第2回で、すでにもう1人の東大王が出ていたのを知りませんでした。早押しのスイッチをはんだ付けで点灯して、解答は木の板に電動ドライバーでネジを打ち込んで書くというのをやっていました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。3問目、「当期純利益÷自己資本」で江戸川学園取手が押します。新潟、栄東、江戸川学園取手が正解。
 新潟は4オに、また別方向に延ばします。栄東は5エから6エに下へつなげて、江戸川学園取手は3エから3オと、チェーンを分岐させます。

 続いて新潟は6エから6オへ。栄東は4ウから3ウ、江戸川学園取手は3オから2オです。これで各チームの得点は、新潟が2、北野が1、高松が0、都立武蔵が0、栄東が1、江戸川学園取手が2です。最も長いチェーンが5エ→6エ→6オと3エ→3オ→2オで、そこに含まれる各チームのブロックの数です。1つ前の段階では北野が2でトップでしたが、分岐させることによって北野の点が減っています。

Final3

Legend

 さらに、江戸川学園取手にはつなぎ直しの権利があります。3オ→3エを切って、などと言いかけますが、意味がないという話になります(3オ→4オにつなぎ替えても、新潟をトップにさせるだけ)。結局時間切れで、何も変わりません。この後、消える。

|

« 14回エコ甲全国大会(その33) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その35) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲全国大会(その33) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その35) »