« 14回エコ甲全国大会(その15) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その17) »

2020年2月24日 (月)

14回エコ甲全国大会(その16)

 一昨年これを書いて、

――――(ここから)――――

 三省堂国語辞典の阪神タイガース仕様が出て、早速中を見てみたのですが、本文のどこがタイガースにちなんでいるのかわかりませんでした。「虎」の項目を見ても、生物のトラと十二支について書いてあるだけで「我が阪神球団」などとなっているわけではありません。

――――(ここまで)――――

 昨年これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 今度は広島カープバージョンが出るそうですが、阪神では本文をあまりいじらなかったことで評判が悪かった反省を受けて、今度は内容をかなりカープ寄りにしているそうです。

――――(ここまで)――――

 カープ版では「鯉」の項目に「広島東洋カープのこと」と書いてあることを知りました。そして来月に第3弾のホークス版が出るそうです。「鷹」の項目に「福岡ソフトバンクホークス」と書いてあります。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。昼食休憩です。高校生はセンター棟へ行き、銀行関係者は別の棟へ向かいます。以前にも書きましたが、ここのセンター棟の食堂は、定食を買えばあとはご飯もみそ汁もサラダもデザートも食べ放題。さすがアスリートの使う施設です。近くで働いていれば毎日来たい。

 12時半に再開されて幕が上がると、今度は出場者が椅子に座っています。「耐え抜け!上場廃止クイズ」。第1ラウンドで負けた23チームの対戦です。第2ラウンドと第3ラウンドで合わせて14チームが準決勝に進めるので、ここで勝てるのは4チームです。って、合わせて14チームなんて今まで一言も言ってなかっただろ。

 4択で、1問間違えると「監理銘柄」になります。2問連続で不正解だと失格です。監理銘柄で正解すれば上場に戻れますが、管理銘柄のときはメンバーの1人しか答えられなくて、解答を相談できません。この後、簡単。

|

« 14回エコ甲全国大会(その15) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲全国大会(その15) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その17) »