« 千葉の教育の講演(その12) | トップページ | 昨年末の続報 »

2020年2月 7日 (金)

日本人の質問(その88)

 先日、千葉県船橋市を通っていたら、「創作京ごはん いただきマス。」という店があって、「Qさま!!」かと思いました。

 それでは、前回で書くことが終わって「クイズ日本人の質問」です。

――――(ここから)――――

顔の汗を一時抑える簡単な方法は?
横になって寝ているとき、下側からは汗が出ない。これを半側発汗という。これを応用して、わきの下を押さえると上半身の汗が押さえられる。両わきを押さえると左右どちらからも出ない。ただし下半身からは余計に汗が出る。
汗をかくのがうまい人は、どんな汗をかく?
アスリートなどで普段から汗をかいている人は、汗かき上手。汗はまず汗腺の奥でナトリウム分が分泌され、その浸透圧で細胞から水分が出てくる。汗をかき慣れている人は、汗に含まれる塩分が少な目。汗のナトリウム分を細胞が再吸収し、体のためにリサイクルすることができる。
保冷剤が8カ所入っている冷却ベストは、どんな職場の人が着るためにつくられた?
配電工事の作業員は危険防止のためゴム製のスーツを着用する。このため夏はサウナ状態で、脱水症状や熱中症の恐れもある。このため冷却剤入りのベストで首筋や脇腹を冷やす。
天花粉の原料となっているタルク石の粉が、圧倒的に多く使われているのはどんなもの?
タルク石の55%はパルプから紙を作るのに使われ、化粧品のタルカムパウダーになるのは1%。パルプには木材から出る油分、つまりヤニを含んでいるが、ここにタルク石の粉を入れるとヤニが吸着され、紙が白くスベスベになる。化粧品に使われるタルカムパウダーは粒子が細かいので粒と粒の間で汗を蒸発させる働きもある。

――――(ここまで)――――

 配電工事で保冷剤入りのベストを使うそうですが、今だとファンのついている「空調服」を使うのではないかと思います。ちなみに「配電工事 空調服」で検索するとヒットします。

|

« 千葉の教育の講演(その12) | トップページ | 昨年末の続報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉の教育の講演(その12) | トップページ | 昨年末の続報 »