« 14回エコ甲全国大会(その12) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その14) »

2020年2月21日 (金)

14回エコ甲全国大会(その13)

 「みんなのパキッテ展」というのを秋葉原の高架下の、全国の物産を売っているところでやっていることを知って、行ってきました。小さいスペースですが、歴代のパキッテの展示とか、開ける音のASMRとかあります。週末の3連休にはイベントもやるようです。これって、「もうディスペンパックじゃないよ」ということをクイズマニアに告知したくてやっているのだろうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。11時過ぎに第1ラウンドが終わって休憩です。ロビーに出ると、YouTubeライブを流すモニターがありました。10分後に舞台の幕が上がると、各チームが帽子を2つかぶっています。

 第2ラウンドは「抜け出せ!レッドオーシャンクイズ」。最大8問の4択クイズで、23チームのうち7~11チームが準決勝に進みます。
 舞台がシーソーという設定になっています。最初は中央から見て左右に11チームと12チームいます。問題を出して、正解したチームだけが、MOVE(反対側のエリアに移る)かSTAY(今いるエリアに残る)かを選べます。そしてその結果、正解したかどうかに関係なく、重い方(チーム数が多い方)のエリアにいるチームが帽子を1つ失います。帽子がなくなった状態で重い方にいると(3回重い方にいると)失格になります。残りが11チーム以下になった時点で勝ち抜けが決まります。ただし12チーム以上いる状態から一気に6チーム以下になった場合は、失格になった中から予選順位で繰り上げで7チームが勝ち抜けです。この後、判断。

|

« 14回エコ甲全国大会(その12) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲全国大会(その12) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その14) »