« 千葉の教育の講演(その10) | トップページ | 千葉の教育の講演(その12) »

2020年2月 5日 (水)

千葉の教育の講演(その11)

 「ドキュメント72時間」の、秋葉原にクイズ研の早押し機の部品を買いに来た人の回が、なぜか再放送されません。先週の再放送枠が別の回に差し変わっていて、今週の再放送もありません。何かまずいことがあったのでしょうか。ちなみにこういうことはたまにあって、昨年だと転職フェアの回が、再放送もされずNHKオンデマンドでの配信も中止されました。おそらく、映った人に都合が悪いことが起きたんでしょうね。

 それでは千葉大学です。この日放送される99人の壁は、1400問作ったが70問ぐらいしか使われません。そういう番組なのは最初から承知しているが、おもしろいと思って引き受けたそうです。

 日本にクイズ番組が多いのは日本人の特質かと考えています。ただ、生活の文化に根差すほど好きではない。しかし日本のテレビ番組は全部クイズともいえます。ワイドショーでもいちいちパネルを紙で隠してめくってるし、「CMのあと衝撃の映像が」というのも同じことだし。

 そして10年前は東大生は嫌われる存在だったのに、世間の見る目が変わりました。視聴者が東大生を応援するようなクイズ番組なんて考えられません。ただ、頭脳王は演出が過ぎるといいます。「高校生クイズもこんな番組じゃなかったのに」。この後、教室に早押し。

|

« 千葉の教育の講演(その10) | トップページ | 千葉の教育の講演(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉の教育の講演(その10) | トップページ | 千葉の教育の講演(その12) »