« 14回エコ甲全国大会(その18) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その20) »

2020年2月27日 (木)

14回エコ甲全国大会(その19)

 新型ウイルスの自粛で公開放送にも影響が出ていますが、「99人の壁」って収録自体できるのでしょうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。10問目、事前学習教材からで、紙幣の歴史についてです。普通の雑学番組で出そうな問題で、こんなの事前学習教材に載ってるのか。これが全チーム不正解。この時点で上場していたのは城東だけなので、他のチームはすべて失格ということです。城東は勝ち抜け決定で、今失格したうち、予選上位の3チームが勝ち残ることになります。高志、高松、青雲が準決勝進出で、北見北斗、宇部、富山が敗退です。

 問題を読んだのは千葉興銀です。休憩でロビーに出ると、テレビ新潟のカメラが来ていました。全国大会までついてきているのか。そして、準備が早く終わったと言って休憩が短くなります。

 幕が開くと出場者が並んでいますが、ここで音が鳴ります。それが敗者復活ラウンドの合図です。34チームから2チームが復活できます。「滑り込め!アップオアアウトクイズ」。多答クイズで、予選順位の高い順に解答します。不正解で失格です。全部の答えが出るか全チームが解答すると次の問題に写ります。この後、センターマイク。

|

« 14回エコ甲全国大会(その18) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲全国大会(その18) | トップページ | 14回エコ甲全国大会(その20) »