« 14回エコ甲山形大会(その1) | トップページ | 14回エコ甲山形大会(その3) »

2019年12月30日 (月)

14回エコ甲山形大会(その2)

 先日、NHKの関西ローカルで、チコちゃんをネットせずに、「モノさん、おしえて。」という雑学番組をやっていました。物の進化の歴史というのですが、取り上げているのがカルピスで、カルピスの瓶である「水玉カル子」がしゃべるのです。完全に商品宣伝みたいなもので、よくNHKでこんなのが実現したな。しかも商品名を避けるのかと思ったら、ところどころ「カルピス」と言って画面に文字も出てたし。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。経営企画部長の開会宣言。人生を切り開く知識をクイズ形式でと言います。そして、山形大会で優勝すると賞品として、東京ディズニーリゾートへの旅行かクオカードを選べるそうです。

 第1ラウンドの前に、実行委員5人の紹介があります。前回書いたように新人らしいですが、中央の女性は頭にクリスマスツリーをつけています。その両側の男性2人はサンタの帽子、その両側の女性2人はトナカイの帽子です。そして全員が出身高校を言います。逆に、山形の高校を出ないとこの銀行には入れないのか?

 筆記がスタートするときに、なぜか早押しの勝ち抜け音楽がかかります。ここで観覧者にお茶が配られます。急に職員が椅子を並べ始めました。山形南のチームの応援に11人やってきたのです。この人たちにもお茶が配られます。この後、エコキャップ運動。

|

« 14回エコ甲山形大会(その1) | トップページ | 14回エコ甲山形大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲山形大会(その1) | トップページ | 14回エコ甲山形大会(その3) »