« 14回エコ甲岐阜大会(その9) | トップページ | 14回エコ甲岐阜大会(その11) »

2019年12月10日 (火)

14回エコ甲岐阜大会(その10)

 駅の売店で思い出したのですが、私は高校生クイズの本の3巻を米原駅の在来線ホームの売店で買いました。米原駅には今も在来線ホームの売店が1つありますが、そこだったか記憶にありません。それにしても、そのころはホームのキヨスクに高クイの本が入荷していたというのが驚きです。その後の移動中に、紅茶をこぼして、私の高クイ3巻は小口に紅茶のシミがついていていまだに胸が痛い。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。4位のコメントは「全問正解だが順位は3番目。難易度を考えて対応しないといけない」。5位は「すべてリスクヘッジせずに勝負してトップになったが、これが続くとどうなるかわからない」。6位は「途中の、点数が多い状況だったら逆転の可能性も」。

 決勝進出チームの発表です。1位は109点の岐阜。2位は99点で岐阜。3位は98点で岐阜のベストネーミング賞。4位は94点で鶯谷。5位は90点で岐阜。6位は89点で多治見西です。1位はこの日のためにメディアコスモスで勉強してきたと言います。メディアコスモスというのは岐阜市の複合施設で、エコ甲の会場になったこともあります。2位はクイズ研の部長のチームらしい。6位のチーム名は「かきくけこ」ですが、去年は「あいうえお」だったそうです。この後、出題を審議。

|

« 14回エコ甲岐阜大会(その9) | トップページ | 14回エコ甲岐阜大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲岐阜大会(その9) | トップページ | 14回エコ甲岐阜大会(その11) »