« 14回エコ甲山形大会(その2) | トップページ | 14回エコ甲山形大会(その4) »

2019年12月31日 (火)

14回エコ甲山形大会(その3)

 この前のQさま!!で、富山県が生産量1位のスポーツ用品の製造工程を見て当てるという問題がありましたが、最初からどう見てもバット以外あり得ないのに、出演者たちも、まさかこれで答えがバットとかいう問題は出さないだろうと思って押していないように見えました。超難問クイズ大会と銘打ってベタ問を出すとびっくりするほどボタンが遅くなるというのを本で読んだことがありますが、それと同じようなことでしょうね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。筆記が終わって、各チームにインタビューしています。「私の帽子についてどう思いますか」。
 2チーム欠席していることがわかりました。ここで集合写真ですが、人数が多くてかなり時間がかかります。山形南の応援に来た11人を入れたバージョンも撮らされます。昼食時にはテーブルを盾に並べ直します。行員が話に入るためです。そして、弁当を捨てるときに、山形銀行はエコキャップ運動をやっているので、ペットボトルの蓋は別にしろという指示があります。

 今後のスケジュールが画面に表示されます。15時から閉会式と書いてあります。こういうのは見たことがありません。そして、昼食時にミニゲームがあるという表示があります。
 筆記の解答が表示されます。全問、新作ですが、他地区で早押しで使った問題もあります。マージンのことを何というかという問題で、選択肢が「さや」がつく言葉で、「松原早耶」というものすごいボケが含まれています。いくらなんでもふざけすぎだろ。この後、口。

|

« 14回エコ甲山形大会(その2) | トップページ | 14回エコ甲山形大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲山形大会(その2) | トップページ | 14回エコ甲山形大会(その4) »