« 14回エコ甲岐阜大会(その3) | トップページ | 14回エコ甲岐阜大会(その5) »

2019年12月 4日 (水)

14回エコ甲岐阜大会(その4)

 昨夜から高専ロボコンの地区大会の番組の全国放送が始まりましたが、今年は予選リーグと決勝トーナメントに分かれています。といっても予選リーグで1回でも負けると決勝トーナメントには進めないので意味がないのですが、こうすると北海道や四国の、参加チーム数が少ないところでも、1試合をやたら引き伸ばさなくても尺が埋まるということに気づきました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。前日徹夜だったので、10階の食堂で寝ていたら、13時15分になっています。筆記の正解発表を見逃しました。前の週と同じ問題だったのか、表示スピードはどうなったのかがわかりません。3階に降りたら、ちょうど早押しの始まるところです。

 A組は鶯谷、聖マリア女学院、多治見西、多治見西です。1問目、犯罪に関する問題で多治見西が正解。どうやら早押しの問題は他の地区と共通らしい。2問目、借金に関する問題で同じチームg連取。3問目、国際情勢についての問題で、あっという間に勝ち抜けです。押すのが非常に早い。
 4問目、株式についてで聖マリア女学院が正解。5問目、国の制度で同じチームが連取、かなり押すのが早くて、なぜ3問目までに答えられなかった。
 6問目、最近の動きで鶯谷が正解。7問目、投資商品でスルー。勝ち抜けた多治見西はわかっていました。8問目、貿易についてで聖マリア女学院も勝ち抜けです。この後、もう遅い。

|

« 14回エコ甲岐阜大会(その3) | トップページ | 14回エコ甲岐阜大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲岐阜大会(その3) | トップページ | 14回エコ甲岐阜大会(その5) »