« 14回エコ甲佐賀大会(その3) | トップページ | 14回エコ甲佐賀大会(その5) »

2019年12月18日 (水)

14回エコ甲佐賀大会(その4)

 先日のテレビ東京の「鉄道沿線ひたすら歩き旅」で、笠井信輔が歩くのが遅れて、福澤朗が「局を離れてフリーで働くことの厳しさを思い知らせてやろう」と言っていましたが、今になって見ると結構まずい感じがします。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。2問目、投資についての制度でスルー。この地区は変に問題が難しい。3問目、経済学の最も有名な人名で、弘学館の女子が正解。4問目、税金についての三択で、早稲田佐賀の女子が正解。5問目、身近な業種について定義を述べる問題で、これは新作でいい問題です。弘学館の女子が正解。6問目、国債についてでスルー。
 7問目の正解は日経平均株価ですが、早稲田佐賀の男子が「日経株価指数」と答えて不正解。すると、アタック25の不正解の音がかかります。わざわざこんなものを用意したのか。8問目、海外の企業名で早稲田佐賀の女子が正解。この組は、女子しか得点を挙げませんでした。

 B組は早稲田佐賀、早稲田佐賀の女子、早稲田佐賀、佐賀西の女子です。1問目、早稲田佐賀の女子が公正取引委員会と答えて不正解。その法律を答える問題でした。2問目、保険についてで、早稲田佐賀の男子が押して、もう一人に答えさせようとしますが不正解です。この後、読めない。

|

« 14回エコ甲佐賀大会(その3) | トップページ | 14回エコ甲佐賀大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14回エコ甲佐賀大会(その3) | トップページ | 14回エコ甲佐賀大会(その5) »